お電話
お問い合わせ
診療案内

ホワイトニング

ホワイトニング
歯を健康的に白く美しく、素敵で若々しい笑顔を!

歯の色というのは、肌の色と同様、個人差があります。また、加齢など様々な原因で徐々に白さが失われてしまうことがあります。歯の色というのは白い程よい、というわけではありませんが、もしも歯の色がコンプレックスになっていてご自分の口元に自信が持てない、ということがあるならば、それはとても残念なことです。

もし天然歯の色でお悩みの方がいらっしゃるのであれば、ぜひ歯のホワイトニングがおすすめです。歯科医院で行う歯のホワイトニングは、歯に無害なホワイトニング剤を用いて、歯そのものの色を効果的に白くしていくことができます。

オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)

オフィスホワイトニング
短期間で白くでき、全てプロにお任せでできるホワイトニングです。当院では歯に刺激が少なく効果的に白さを引き出すことができる、「スーパーポリリンホワイトニング」を導入しています。

スーパーポリリンホワイトニングとは

スーパーポリリンホワイトニングとは

知覚過敏が出にくく、歯に優しいながらも効果の高いオフィスホワイトニングです。人体にも存在する天然成分を使った分割ポリリン酸を使用していますので、体にも無害で安心です。

この分割ポリリン酸は、歯の着色を除去する効果や、再付着防ぐ効果を持つだけでなく、歯周病菌や虫歯菌などへの抗菌作用もあることから、お口の健康改善の面でもメリットがあるとされています。

また、従来の過酸化水素を使用したホワイトニングと比べてマイルドですので、知覚過敏を感じにくく、快適に施術を行うことができます。

スーパーポリリンホワイトニングの特徴

1.不快症状が出にくい

従来の刺激性のある過酸化水素を使ったホワイトニング剤とは違い、痛みや知覚過敏を感じることがほとんどありません。そのため、普段から知覚過敏がある方にもぴったりです。

2.自然な白さが得られる

過酸化水素を用いたホワイトニングでは透明感があまり出ない、という面がありましたが、スーパーポリリンホワイトニングでは、歯の表面がガラス化され、キラキラと輝く透明感のある仕上がりになるのが特徴です。

3.歯や体に優しい

知覚過敏が出にくく人体にも存在する天然成分を使用していますので、歯や体に害がありません。

4.コーティング効果により再着色しにくい

分割ポリリン酸はエナメル質表面をコーティングします。そのため、再着色を防ぐ作用があり、白さが長持ちします。そのため、過酸化水素を使用する従来のホワイトニングと違って、ホワイトニング直後の食事制限もありません。

5.歯周病・虫歯予防効果がある

分割ポリリン酸の歯のコーティング作用、そして抗菌作用により虫歯や歯周病の予防効果が高まります。

ホームホワイトニング(ご自宅で行うホワイトニング)

ホームホワイトニング
ご自宅で行うホワイトニングです。ご自分の好きなタイミングで、じっくりと歯を白くしていくことができます。まずは歯科医院で患者様専用のホワイトニングトレーをオーダーメイドで作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れて、ご自宅で装着していただくことにより、歯がだんだんと白くなっていきます。当院ではオパールエッセンスを取り入れています。

歯に優しい成分で、快適にホームホワイトニング

オパールエッセンスの特徴
当院が取り入れているオパールエッセンスは、アメリカで発売されている、世界的に高い実績を持つ、信頼性の高いホワイトニング剤です。その安全性はアメリカの食品医薬品局(FDA)でも認められています。

オパールエッセンスの特徴

1.使用中の不快感が最小限

オパールエッセンスのホワイトニングジェルは、他のホームホワイトニングジェルと比較して粘り気が高く調整されていることでジェルがマウストレーから漏れにくくなっています。そのため、お口の中に液の漏れが起こりにくく、不快感が起こりにくいのが特徴です。

2.知覚過敏が起こりにくい

ホームホワイトニングは、通常よく使われているものでも知覚過敏は比較的起こりにくいのですが、オパールエッセンスの場合はさらに、知覚過敏対策として、硝酸カリウムとフッ素を配合することで、ホワイトニング中の知覚過敏を起こりにくくしています。

3.自然な白さが得られ、後戻りしにくい

ホームホワイトニングでは、安全性の問題もあり、低濃度の薬剤を使用します。そのため、即効性はないのですが、「白くなりすぎない」自然な白さにすることができます。また、即効性がない分、色の後戻り現象も起こりにくいので、白さが長持ちします。

4.歯の内部の着色も白くできる

ホームホワイトニングでは、過酸化尿素という成分を使用するため、歯の内部の象牙質におよぶ着色も分解すると言われています。そのため、エナメル質の着色だけでなく、より歯の内部から起こっている強めの変色(先天的、全身的、薬理的原因)でも効果が期待できます。

歯科で行うホワイトニングのメリット・デメリット

メリット
歯を削らずに白くできる
歯にダメージを与えない
歯そのものを白くすることができる(他のホワイトニングでは着色が落ちるだけ)
プロによるクリーニングの後、ホワイトニングができる

デメリット
徐々に色の後戻りが起こる(白さを保つには定期的な再ホワイトニングが必要)
人によっては施術中にしみることがある(特にオフィスホワイトニング)
体質や歯の状態によっては行えないことがある

お知らせ
初診や急患対応について
初診の流れ
歯医者の選び方
料金表
求人案内
よくあるご質問