お電話
お問い合わせ
当院の取り組み

お口の健康を維持する予防ケア

お口の健康を維持する予防ケア
いつまでもご自分の歯で噛めるように
歯は歳を取ったらどんどん失うもの、と思っていませんか?もしそう思っている方がいるとすれば、それは正しい認識ではありません。確かに歳を取ると歯を失う人は増えますが、それは必ずしも加齢が原因ではなく、お口の間違ったケア方法に原因がある場合が多いのです。
歯を失う主な原因は虫歯と歯周病です。多くの人がこれらの病気で歯を失います。でもあきらめる必要はありません。見方を変えてこれらの病気にかからないように積極的に予防する方法を知り、実践していけば、歯を失うリスクは大きく減らせるのです。

「悪くなってから」治療では歯を失う可能性が高くなります

日本人に多い歯医者との関わり方は、「悪くなってから歯医者に行く」、というパターンです。これは一見、普通のことのように思われるかもしれませんが、実はこれが歯をダメにしてしまうパターンでもあります。

【悪くなってから虫歯を治療する場合】
歯というものは、削った後、人工物で補うことができますが、それは決して元通りになることではありません。また、治療した場所は健全な場所に比べるとどうしても弱いので、それまでと同様なケアをしていると高確率で虫歯を再発します。結果的にそれが繰り返されるうちに、だんだんと歯は削られ、しまいには歯を失ってしまうのです。

【悪くなってから歯周病を治療する場合】
歯周病は、歯を支える骨などの組織が失われる病気です。治療をすると、その時は進行を止めることはできますが、失われた組織を元に戻すことはほぼ不可能です。歯周病は進行性の病気ですので、悪くなった時だけ対応してもいずれは再発し、確実に歯を失う方向へ向かっていきます。

このように、虫歯も歯周病も、何かトラブルを起こしてからその時だけ歯医者にかかっても、結局は歯を失ってしまうことが多いのです。

予防ケアを積極的に行えば虫歯や歯周病は予防できます

予防ケアを積極的に行えば虫歯や歯周病は予防できます
予防歯科というのは、虫歯や歯周病に「なってから」治療をするのではなく、「ならないように」防いでいきましょう、というものです。予防歯科を常日頃から実践することにより、確実に虫歯や歯周病を防ぐことが可能になり、一生ご自分の歯で噛むことも夢ではなくなります。

予防ケアのステップ

1.リスク・原因をチェック

顕微鏡で細菌状態をチェック、唾液の状態をチェックし、虫歯や歯周病のリスクを検査し、治療方針を決めていきます。大きいレントゲン写真、小さいレントゲン写真、歯周ポケット検査、口腔内写真、位相差顕微鏡、唾液検査でリスクを判断します。

2.セルフケアのアドバイス

お口の状態を拝見し、セルフケアの問題点を把握した上で、患者様ご自身が効果的にセルフケアが行えるよう、お一人おひとりに合ったアドバイスをいたします。

3.原因の除去

虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石をすみずみまでクリーニングします。

4.プラスアルファのケア

虫歯になりやすい方やリスクの高い方には、フッ素塗布を行うなど、必要に応じてプラスアルファのケアを行います。

歯を守るために定期検診・メインテナンスに通いましょう

歯を守るために定期検診・メインテナンスに通いましょう
歯は毎日使うものです。そのため、歯の健康を保つためには毎日のお口のケアが一番大事ですが、調子の悪いところがなくても時々、車と同様、定期的に点検を行うことが大事です。
定期的にお口の状態をチェックすることで、異常が起こる前に対処し、病気を予防することができます。また、普段の歯磨きで磨ききれない細かい部分を、定期的なクリーニングで徹底的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を引き起こす原因が取り除かれますので、お口の健康をキープすることができ、いつもすっきりした気持ちの良い状態でいられます。

予防歯科に力を入れています

予防歯科に力を入れています
当院では、皆様の歯を健康に保ち、気持ちの良い毎日を送っていただきたい、という思いから、予防歯科に特に力を入れております。そのために、予防ケア専用のユニット(診療台)を2台ご用意し、時間をかけて丁寧にお口の中のチェックとケアを隅々まで行っています。ぜひ、美容院やエステサロンに通うような感覚で、リラックスしてお口のメインテナンスにいらっしゃってください。スタッフ全員心よりお待ちしております。

お知らせ
初診や急患対応について
初診の流れ
歯医者の選び方
料金表
求人案内
よくあるご質問